東京の不動産について学んでおこう 東京の不動産について学んでおこう 東京の不動産について学んでおこう

東京で人気の不動産と言えば一戸建てよりマンション

人が不動産物件を購入する理由や目的には、大きく2つのタイプに分類する事ができます。それは自ら住むマイホームとして購入する場合と転売や家賃収入を見込んだ投資として購入するタイプです。また、物件のタイプとしては、一戸建てとマンションという選択肢があります。車や家電を購入するのであれば、その理由や目的によって選ぶべきタイプが分かれます。ですが、東京の不動産に関しては、購入する理由や目的に関わらず一戸建てよりマンションが人気を集めていると言えるでしょう。

image

なぜ、共通の物件が好まれているのか、その理由についてご説明します。

日本の中で最も住んでいる人が多い都市が東京なのは周知の事実です。また、多くの都民が働いている会社は首都圏に集中している為、通勤や通学に便利なエリアに住居を構える人が多いのです。独身者であろうと妻帯者であろうと、この状況は同じだと言えるでしょう。

土地の価格が高騰している都内で、一戸建てに住むことができる人はそう多くはありません。

その為、一戸建てを購入する人の多くが、会社から遠く離れた郊外に住むことになり、通勤に何時間も費やす必要があるのです。たとえ資金に余裕がある富裕層であっても、土地自体が不足している都内で一戸建てを建てる土地を探すのは、簡単な事ではありません。希望するエリアで理想的な広さや形の土地を手に入れる事が出来る人は、よほどの幸運に恵まれている人か、業界の情報をいち早く入手できる人でしょう。また、お子さんがいる家庭では、防犯対策として一戸建てを選択しない人もいます。

閑散とした緑豊かな郊外は、子育てに適していると思われている一方で、人通りの少なさから安全には適さないと考える人もいるのです。

これに比べて都心のマンションであれば、人通りも多く生活圏内に自治体が設置している監視カメラの多さからも、安全なエリアだと考えられているのが、人気が集中する理由の一つです。不動産投資として物件を選ぶ時も同様で、需要が多い物件に投資資金が集中する傾向にあります。このように、東京で不動産人気を独占しているのがマンションだと言えるでしょう

imageブログパーツ